忍者ブログ
誰かが綴る日常のことやLateのことについてのブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新記事
(09/19)
(12/12)
(11/21)
(09/13)
(04/04)
最新TB
最新CM
[08/02 石ころ]
[06/05 GSE]
[01/19 his]
[01/18 Sasa]
[09/24 hakka]
プロフィール
HN:
who
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
アクセス解析
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

①からかなり経ってしまいましたが続編のつもりです。

前回はもし全国比例区だったら・・・で終わってしまったので、
今回はもうちょっとましなこと書けるといいな。

気になる方は続きをどうぞ


まず初めに、マスメディアの報道を見る限りでは、ねじれ容認の風潮があるみたいですね。
ねじれ国会になることで、

・他の党との政策協力を模索するようになる
・議案の審議を時間をかけてしっかりすることができる

強行採決という手段が無い間なら、これでよりよい法案などが出されることでしょう。

審議に時間がかかり過ぎて重要法案が通りにくくなる と言うのもあるでしょうが、
本当に国民に早急に必要な法案なら与野党で対立してるから等と言う理由で止めるはずがありません。
そんな理由で止めたのなら怒る。それこそ国民に目線が行ってない証拠になりそう。

しかし気になるのは、ねじれとは言っても、自民党が物凄く伸びたことが気になります。
国民は二大政党制にしたいのだろうか?
どちらとも消費税増税は変わらないし、目的があるなんて建前かもしれないじゃないか。
それに二大政党にすることで、意見を反映させる柔軟性が失われるし、
政権交代も2党間で行われるのみで、政治的無関心が余計に広がるだけだと思うのだが・・。

でも、今の日本は政治への関心が薄いのは事実か。。

自民党の議席数が良く伸びたのは、・・・なんて言ったっけ;思い出せない・・・。
ともかく、企業とかなにかの団体かの集団票の影響が大きく出たんじゃないかな。
一般国民の票が薄れるにつれ、余計に顕著に出てくるのは必然だし。
この考えが正しいなら、大企業重視、国民軽視の政治はあまり変わらない気がする。


どうにかして政治への関心を戻さないと・・・。

とりあえず、日本の将来が不安になってきた。もうちょっとがんばる。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
TOP