忍者ブログ
誰かが綴る日常のことやLateのことについてのブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新記事
(09/19)
(12/12)
(11/21)
(09/13)
(04/04)
最新TB
最新CM
[08/02 石ころ]
[06/05 GSE]
[01/19 his]
[01/18 Sasa]
[09/24 hakka]
プロフィール
HN:
who
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
アクセス解析
[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに考えてみたらギアかかってきた(`・ω・')
この調子で続けてみたいと思います。

ということで、前回の記事の続きになります。
興味がある方は続きをどうぞ。

hakkaさんのコメントにありましたが、市議の報酬が高いということでした。
一人1200万円だとしたら、10人で1.2億。
議員定数の75人だと、9億。


資料を探そう・・・
※pdfファイルです。リンクを踏むときは注意
http://www.city.nagoya.jp/_res/usr/c/072/526/20ippan_03sainyu.pdf

歳入 9693億
内市債 973億
約10%を占めていますね。
地方交付税とか減額とか有ったような気がするので、その分市債発行をしなければならなくなっているのでしょうか。
発行額としては名古屋市としてはそれなりのようです


http://www.city.nagoya.jp/_res/usr/c/072/526/20ippan_04saishutsu.pdf

歳出9657億
内議会費 24億
・・・ちょっとまて、議員報酬は何処に入るんだ;
この議会費は運営費中心のような気がする。
公債額は 1423億
高い。やはり高い・・。


http://www.city.nagoya.jp/_res/usr/c/072/526/20ippan_05tokubetsu.pdf

これが"特別"会計なのか?
一兆越えなのだが・・・。
ま、言葉の意味はちょっと置いておきます
歳入1兆1,637億
歳出1兆1,572億

http://www.city.nagoya.jp/_res/usr/c/072/526/20ippan_09shiryo.pdf

人件費の歳出は、

一般会計で1901億
特別会計で58億
合わせて約2000億。

名古屋市からの資料はここら辺で一旦止め。


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100904-OYT1T00311.htmより
議員報酬は1600万→1400万に
75人分で10.5億

http://nensyu-labo.com/koumu_kokka_kokkaigiin.htmより
参考:
推定平均年収:2895.9万
推定月収:188.7万
平均ボーナス額:632万

------

全体からみれば、そこまで占めるわけではないように見える。
しかし、これは"報酬"だけであって、手当が入っているとは限らない。
もう少し経費がかかっていると見るべきだ。

とりあえず、効率を求めるなら他の改革を進めることが必要。
その改革で浮いた費用で市債の占める割合を落とし、財政健全化に向かったほうがいい。

ただし、改革に向かうなら、まずは態度を示す必要がある。
全体からすれば微々たる額ではあるが、議員報酬は減らすべき。
(実際に議員したことないしどれくらいの仕事なのかは分からないが・・・)
無理なら一年ごとに何百万円ずつ何年までと決めれば良いと思う。

本当に行政に携わって良くしていこうとするのなら、報酬はそこまで執着する必要はないと思う。
国会議員etc他の事でも言えるが、行政に携わる職は金もうけのための職ではない!
そこははき違えないでほしい。



資料の方が長い\('・ω・`)/
今のwhoの立場は中立でしょうか。
やっと好きなポジションに戻ってきました。

他の人の意見があると、深く考えたり新しい考えが取り入れられたりしてとてもいい。
そう思うので、過去の記事でも構わないので、「これはおかしい」と思ったら突っ込んでくださいな。

最後に、コメくれたhakkaさんに感謝。
コメントありがとうございました!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
感謝されると舞い上がってコメントしてしまうhakkaです。
議員達が何故これほど反対するのかというとマニフェストには議員の年収を一割カットするという内容だったらしい。けど市長がいきなり議員の年収を半分にするということを言ったため議員達は反発しているらしいです。
ですが議員の年収は約1600万(調べてみた。それにwhoさんもそう言ってるね)です。これを半分にすると年収は約800万。これは名古屋市民の平均年収です。http://research.news.livedoor.com/r/42778
さすがに平均年収まで下げるのはどうかなぁと思いましたがテレビで数十年くらい議員立法(議員が法律を提案すること)が行われていないらしいです。つまり役所が法律を提案するということになっています。ということは議員はほとんど仕事をせずに1600万もの大金を貰っているということになります。それならすべて役所に任せて議員は全員やめたほうがいいです。
オチがまとまらなくなったのでこれで終わりにしたいと思います。まぁ聞いた話がほとんどなので詳しく知りたい人は調べてみてください。長文失礼しました。
hakka 2010/09/24(Fri)20:04:15 編集
Re:無題
とりあえず報酬は減額方針で置きます。
議会が無いと市長etcに対する目がなくなるので、議員はいてほしいです。
しかし、ただの監査機関なら1600万はとり過ぎかも。
議員立法0は流石に議員の市民生活を改善する意欲が怪しまれますね。

良い意欲を持った人が通ると良いんだけどなぁ。
自分の意見をしっかり持っていて、賛成・反対を使い分けれる人が。
その意見や思想が市民にあった人が一番なので、選挙で分けてほしい。

ただ、今の国民がどれくらい認識して考えられるかが不安。
マスコミは報道が偏ることも多いだけに、扇動されることがないといいな。

役所にはどれくらいの権限が与えられているのか気になります。
議会で条例etcが決まるだけに、ただ実行するだけの機関になっていてもおかしくない・・・。
大筋は決められてしまうだけに、実行の自由の幅は狭いと思います。

顔文字とか入れる余裕無い・・・。(・ ・ ;)
【2010/09/24 22:21】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
TOP